優秀選手のご報告

 

5月26日(土)サーティーフォー相模原球場にて

2018年度首都大学野球春季リーグ戦の閉会式が行われ、

ベストナイン外野手部門で以下の選手が選出されました!

河内 裕弥(足利高校・4年)

最後までたくさんのご声援、誠にありがとうございました。

今後とも成城大学硬式野球部を宜しくお願い致します。

 

2018年度春季リーグ戦試合結果一覧

2018年度春季リーグ戦試合結果を掲載しています。

5/13(日)の試合をもちまして春季リーグ戦の全日程が終了し、成城大学は9位でシーズンを終えました。
最後までたくさんのご声援、誠にありがとうございました。

今後とも成城大学硬式野球部をよろしくお願い致します。

日付 対戦校 試合結果
4月2日 獨協大学 10‐1
4月3日 城西大学 0‐4
4月14日 城西大学 0‐4
4月15日 獨協大学 5‐3
4月21日 足利大学 1‐2
4月22日 明治学院大学 ※7‐8x
5月5日 明星大学 0‐4
5月6日 大東文化大学 4‐3
5月12日 東京経済大学 10‐1
5月13日 玉川大学 6‐7

※3時間経過または12回を終了し同点の場合は、タイブレークを適用

2018年度春季リーグ戦試合結果(明治学院大学戦)

●201804.22明治学院大学

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
成城 0 0 2 4 0 1 0 0 0 0 0 7
明学 0 0 0 0 0 0 2 2 3 0 1x 8x

※連盟規定により、11回よりタイブレーク適用

片柳、小柳、金谷、荒木-小倉

3回に河内の適時打で2点を先制すると、続く4回に小倉、田中、桑原と3者連続で安打を放ち追加点を挙げる。さらに今季初スタメン鈴木城が四球で出塁すると、木本、井深の適時打によりこの回5安打で4点を追加。6回に代打尾島の内野ゴロの間に1点を追加し7点差とするも、終盤に明学大の猛攻を受けタイブレークに縺れ込み、サヨナラ負けを喫した。

2018年度春季リーグ戦試合結果(獨協大学戦)

●201804.15 獨協大学

1 2 3 4 5 6 7 8 9
成城 0 0 0 0 0 1 0 4 0 5
獨協 0 0 0 2 1 0 0 0 0 3

金谷、〇小柳-小倉

二塁打:井深、小倉

三塁打:河内、坂田

2点差で迎えた8回に井深と小倉の適時二塁打、田中の適時打、河内と坂田の適時三塁打で逆転に成功。その後、出塁を許すも無得点に抑え、リードを守り切り今季初勝利を挙げた。